HOME > 命のバトンとは

命のバトンとは

  • 命のバトンって?
  • AEDって?
  • 心肺蘇生法って?
  • 趣旨書
  • 定款

大切な人の命の危機にあなたはなにが出来ますか?「救える命」「つながる命」のためにあなたにもできることがあります。

もし、愛する子供が倒れたら?
大切な彼(彼女)が倒れたら?
大事な家族が倒れたら?

あなたはなにが出来ますか?

ある日突然、愛する家族を失う…
これは特別なことではなく、誰にでも起こりえることです。

しかし、その中には、あなたにも「救える命」「つながる命のためにできること」があります。
是非、それを知って伝えていきたいと思います。

私たちNPO法人命のバトンは、救命処置の知識や技術の普及、啓発、情報発信などを通じて、互いを思いやり、助け合い、生命を大切にする社会の実現を目的として、平成21年5月に発足しました。

現在、福井県・石川県在住の有志が集まり、現在福井県内を中心に、AED・救急救命講習会の開催、学校での一次救命教育、AED無料貸出などの活動を行っています。

命のバトンができるまで

NPO法人命のバトン代表である川崎は、自分の身に降りかかった突然の不幸が繰り返されないようにと、「AEDがあれば目の前でたおれた人を救うことができる」ただその一心で、AEDが各所に設置されることを願い、福井県知事を始め、様々な所へ働き掛けを行いました。

また、2004年に一般市民によるAED使用が認められた事もあいまって、県内では一気に導入が進み、今では
公共施設はもちろん、商業施設においてもAEDを見かけることが多くなってきました。

『これで救える命がある』と嬉しく思っていました...

ところが、実際の救急現場の現状を聞き及ぶにつれ、AEDがあっただけでは命は救えないことが次第に分かってきました。

AEDだけではなく、心肺蘇生法を含めて迅速に行わなければならないこと。
そして何よりも、側にいる人が「目の前の命を救ってあげよう」「つなげてあげよう」という、『精一杯の勇気と愛を持てる心を育てる』事が必要だと分かってきました。

AEDが側にあっても使えなかったら意味がないのです。私たち、一般市民が「救命のリレー」の第一走者となれるように、目の前の命をつなぐための技術と、心を育てるための講習会を開きたい...
そう願う仲間たちとNPO法人を立ち上げました。