遺族からのメッセージBlog 晴れたらいいね!
リーダーさくらのブログ Sakura Blog
ご家庭での練習に!CPR&AEDパーソナルトレーニングキット

HOME > 命のバトンとは > AEDって?

命のバトンとは

  • 命のバトンって?
  • AEDって?
  • 心肺蘇生法って?
  • 趣旨書
  • 定款

AEDってなに?

AED

駅や公共施設などで見かけたり、報道などで耳にする機会が増えましたが、AEDをご存知でしょうか?

AEDとは、英語で、Automated Extemal Defibrillatorの頭文字をとったもので、日本では「自動体外式除細動器」という電気ショックを加える器械です。
日本では毎年6万人以上の方が心臓性突然死で亡くなられています。
心臓が止まってしまった直後、心臓は血液を送り出すポンプ作用を失い「心室細動」と呼ばれる痙攣を起こしている状態になっている場合があります。
この痙攣している状態の時に心臓に電気ショックを与え、正常な心臓の動きに戻す為の器械がAEDです。

Q.じゃ~AEDがあれば心臓がまた動き出すんだ! A.いいえ、動き出す場合もありますし、動き出さない場合もあります。

たとえば「しゃっくり」も痙攣の一種です。
しゃっくりを止める為に「わっ!」って脅かしたりしますよね。
あれは脅かすことによって痙攣をとめて元の状態に戻そうとしてるんです。
AEDは、心臓に「わっ」って脅かす行為を電気を流すことで行います。
しゃっくりと同じで、脅かしてとまる場合もあれば、とまらない場合もあるということです。

AEDの使い方

AEDの使い方イメージ1 AEDが到着しました!
心肺蘇生をしてる方はそのまま解析開始まで続けてね
AEDの使い方イメージ2 まず!電源ON!
音声案内が始まります。
※機種によってはフタをあけると電源が入るものもあります
AEDの使い方イメージ3 パッドに描いてある絵の場所に貼ってね!
2箇所貼ったら・・・
AEDの使い方イメージ4 コネクターを接続!
この時点で解析が始まるよ♪
※機種によってはコネクトしなくていいものもあります
AEDの使い方イメージ5 解析開始!
体に触れないように「みんな!離れて!」
☆ショックが必要・・・充電が始まります。・・・6
★ショックが不要・・・すぐに心肺蘇生開始・・・7
AEDの使い方イメージ6 ショックが必要な時、充電が開始され、 ショックボタンが押せるようになります。
みんなが離れているのを確認
「みんな!離れて!ショックボタン押します!」
ぽちっ!
AEDの使い方イメージ7 すぐに心肺蘇生開始!
AED操作している間に他の人と交代しておくといいよ♪
AEDの使い方イメージ8 2分後にまた解析が開始します。
AEDの音声を良く聞いて!
67を救急隊が来るまで繰り返す。 がんばれ~♪

注意事項

効果的な電気ショックを与える為に下記の項目を注意してください。

・体が濡れている時は体を拭く
・胸毛がある場合は剃る
・ペースメーカーからは3cmほど離した位置にパッドを貼る
・パッド同士引っ付けて貼らない
・ネックレス等貴金属はパッドから離すか取る
・貼り薬等は剥がして薬を拭き取る